• ホーム
  • 掲示板
  • サークル
  • ブログ
  • フリーラインスケート体験記

    掲示板 サークル ブログ スポーツ体験記
    フリーラインスケートってなに?
    横乗り系スポーツ(スケボー・スノボー等)とインラインスケートの要素を組み入れた次世代スケボー。
    ダウンヒル(下り坂を下る)や、トリックを楽しめるほか、上り坂も進むことができる。
    フリーラインスケートのイラスト
    フリーラインスケートの動画
    フリーラインスケートのクリエイターチーム「舞士 - BUSHI」の動画。
    フリーラインスケートの道具

    フリーラインスケート

    フリーラインスケートについて フリーラインスケートは、2個の車輪(ウィール)にデッキが乗っています。このデッキの上に足を乗せて滑ります。
    足を固定しない ローラースケートと似ていますが、足を固定しません。
    なので、転びそうなときにはデッキから足を離せば転倒を防げます。

    プロテクター

    フリーラインスケートの防具 乗る際は怪我防のため、プロテクターを着けましょう。
    転んでも怪我が少ないため、安心して練習できるので上達も早くなります。

    写真では、ひじ・ひざ・手首に装着しています。
    ヘルメットがあると尚良いでしょう。
    はじめてのフリーライン
    フリーラインスケートは、スケボーやスケートのように「蹴る」動作で前に進むのではなく「漕ぐ」動作で前へ進みます。 感覚はスケボーの技「チックタック」という進み方に似ています。

    初めはゆるやかな坂で滑ってみることにしました。
    乗り始め バランスを崩す 降りる
    ただ立つことがすでに難しいです。 滑るまでにはいきません。 駄目だ。
    滑るどころか立つのも上手くいきません。2メートルぐらいで止まってしまいます。
    初めは滑るまでが大変なので、手すりなどにつかまって練習しましょう。
    手すりをつかって練習 はじめは手すりで横移動
    はじめは手すりやフェンスなどにつかまって、横に移動することから始めます。

    手を使わず、足の動きだけで横移動
    次につかまりながら横移動をし、足を「外側に開く」「内側に閉じる」の繰り返しで横に進みます。
    詳しい練習方法は、フリーラインスケートジャパンの 「乗り方講座」をご覧下さい。
    フリーラインのトリック
    トリックは大きく以下の3種類に分けられます。

    ①スタート系 … スケートを滑り出す際のトリック。
    ②ストップ系 … 止まる時のトリック。
    ③フラット系 … 走りながら行うトリック。

    ですが、フリーラインのトリックは日々新しいものが生まれているため、
    この枠に収まらないものもあると思います。
    スタート系
    「Solid Grab Stomp」というトリックです。
    ジャンプしてスケートに飛び乗ります。
    ストップ系
    「Power slide」 … 急停止します。
    「Power slide 180」 … 半回転しながら、急停止します。
    フラット系
    片足での滑り(ワンフッター)、スケートの左右入れ替え(チェンジストンプ)、回転などの、滑りながら行うトリックです。
    宮城県プライベート練習会の様子
    宮城県プライベート練習会
    全国各地で行われている「プライベート練習会」 が、宮城県でも開催されたので参加してきました。 当日撮影された動画です。楽しい雰囲気が伝わってきます。
    楽しそうにフリーラインをする人たち フリーラインのトリック
    それぞれが好きに滑っています。 この日は進級試験も行っていました。
    1日の練習の成果
    この日は朝の10時ぐらいから夕方まで、休みつつも一日中練習をしていました。
    練習の成果は「ゆるやかな坂を使ってどこまで遠く滑れるか」 を評価基準にしたいと思います。
    午前中は2mぐらいの距離が限界でした。

    ※1日で自走はできませんでした。通常1週間練習すれば、自走できるようになるといいます。
    坂道で練習 スタート!
    倒れないように必死でバランスをとります。
    少しづつ前に進む 足を動かし進む 転ばずにずいぶん前に行きました
    さあ どこまで 行けるのでしょう…
    坂を利用し大体30メートルぐらいの距離を進みました。少し自走する感覚をつかめてきましたが、坂が無いとまだ上手に滑れません。

    フリーラインスケートは滑り始めるまでが難しいスポーツだと思す。ですがちょっとした坂さえあれば初めての方でもフリーラインを十分楽しめます。
    乗れる距離が長くなれば長くなるほどまた乗りたくなってきます。
    ■ 取材協力 宮城県プライベート練習会に参加した皆さま